内蔵HDDの物理的な電源オン・オフする装置を製作

■経緯
倉庫目的で内蔵HDD(0S02601)を購入したが(http://pido.seesaa.net/article/170172421.html)
使っているうちに以下の点が気になりだした。
・利用頻度が低いのに電源が入っていると、電気がもったいない。
・別のHDDのファイルの削除など行うと、アイドル中のHDDが起動しプチフリーズする(これはOSの問題か?)

以上の不満点から、HDDの電源を切り替えるソフトを探したが見つからず。
Windowsの電源の設定から何分後にHDDの電源切るという設定項目があるのでソフト的にできると思うのだけどなぁ。
仕方ないので、物理的な電源の切り替えを探してみることに。

■市販品
・LAMPTRON HUMMER(http://www.funabashi-shouten.com/item/hummer.html
トグルスイッチでできたシンプル。現在は生産停止。
アイネックス 3.5インチベイ HDD電源セレクタ HDD-SEL

アイネックス 3.5インチベイ HDD電源セレクタ HDD-SEL

3000円もする、高い。
しかし、HDD切り替え専用に作られていて目的は達成できるだろう。

■市販品は高いので自作
どう考えてもスイッチの切替だけで3000円もするのはおかしい、ぼったくりである
そういうわけで、自作する。

■偉大な先行者達
回路は簡単だと思うけど、一応確認のためぐぐってみる。
結構見つかる。
http://scsiyarou.exblog.jp/8062893/
http://pururu.ninpou.jp/pc/etc/drive_select.html
http://homepage2.nifty.com/ittyan/PC/19.html

■設計図
はい、完成。
hddonoff.png

■部品購入
部品は通販で購入:千石電商(http://www.sengoku.co.jp/)
・トグルスイッチ
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?multi=%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%AB%EF%BC%B3%EF%BC%B7%EF%BC%88%EF%BC%96%EF%BC%B0%E3%83%BB%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E4%BB%98%EF%BC%89%20%20&x=28&y=6&cond8=and
3.5HDDは、12Vと5Vを使うらしいので双極双投
定格が3Aであり、HDDの電流が2.2Aもあるらしいので少し不安です
・電線
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?code=45B6-66E4
AWG18という規格。AWGとは電線の太さ。HDD用に太い電線をチョイスしてみた。
・シリアルATA電源変換コネクタ
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?code=4A53-EEFH
ベースとなる本体。これにトグルスイッチをつける。

合計で1000円。送料込みで1500円ほど。
意外と高くなった。人件費含めれば市販品のほうが安いだろう。
安くするのも目的だが、制作自体も目的なので問題ない。(工作好き)
今日注文したので、今週末には届くだろう。

つづき
内蔵HDDの物理的な電源オン・オフする装置を製作2
http://pido.seesaa.net/article/210835497.html

この記事へのコメント

  • ぴなれろ

    HDDのトルグスイッチには非常に興味があります。
    HDDSELは検討しましたがマザーがASUSなのでちょっと面倒です。
    自分がやりたいのは一つのポートにHDD2台をつなげてPC立ち上げ前に切り替えて使いたいということです。
    2012年02月05日 19:09

この記事へのトラックバック

自作PC⑬ カスタム(SSD導入で、HDD静音化)
Excerpt: やっぱりHDDの音が気になるので、SSDを購入し静音化します SSD  Thunderbird AST680S AP240GAST680S-JP http://jp.apacer.com/produc..
Weblog: my oasis
Tracked: 2017-06-04 08:53